最初は現地の警察署へ行こう

パスポートは海外へ行くのと海外から戻るために必要不可欠なものであるため、現地でなくしてしまった場合、帰国できなくなります。 そのためパスポートを無くしたら、慌てず騒がずにその事実を受け止めて落ち着きましょう。 落ち着いたら、なるべく早く現地の日本大使館に行ってパスポートを再発行をするか、その代わりとなる渡航書発給申請書を入手してください。 そのためにも最初にすることは最寄りの警察署に行くことです。その理由はパスポートを紛失したことを証明する書類、通称ポリスレポートを作成するためです。見知らぬ国の警察署に行くのは抵抗があるかもしれませんが、これは日本に帰るためには必要不可欠なのでなるべく早く入手するようにしてください。

現地日本大使館で紛焼届を提出する

ポリスレポートを入手しましたら、今度はその足で現地の日本大使館へ行って、在日本国大使館に向けて「紛失一般旅券等届出書」を届け出をしてください。この届けをするためには警察署で入手したポリスレポートの他に、縦45mm × 横35mmぐらいの証明書に使える写真と、免許証などの本人および国籍が確認できる書が必要です。万が一これらのものがない場合は、現地で入手するか、日本にいる親などにFAXか郵送をお願いして入手する必要があります。 この届け出をして受理されればパスポートの再発行手続きが行われます。また同時に紛失したパスポートが無効となり、悪用されることを防げるため、ここまでの手続きをなるべく早く済ませるようにしてください。